[PR]小江戸 XperiaZ2 実機動画 XperiaZ2 レビュー・評価ブログ
忍者ブログ

[PR]

2020年04月06日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


[動画解説]XperiaZ2とGALAXY S5 全体機能比較実機レビュー

2014年04月24日
You tubeにてGALAXY S5とXperiaZ2の両機を先行入手して詳細を比較した判りやすい動画がアップされています。

投稿者は「Android Authority」という、非常に多数のスマートフォン機種のレビューを行っているチームです。

数値的な比較は「どちらが買い?2014年次世代機 XperiaZ2 vs. GALAXY S5 スペック比較」をご覧下さい。



動画内では、XperiaZ2とGALAXY S5の外観から各種スペックを映像付きで解説しています。動画は約13分半あり、解説は英語です。

30秒ほどからデザインについての比較が始まります。Z2がフラットでシャープなフレームなのに対し、GALAXYはラウンドフォルムという対照的な印象を受けます。

どちらのテイストが好みかはユーザー次第、とコメンテーターも言っていますが、サイズこそそれほど大きく異なりませんが、触った感触・持ちやすさには個人によって差が出そうです。

GALAXY Sシリーズはこれまで防水非対応だったため、microUSB端子がキャップレスでしたが、S5ではキャップ式になりました。イヤホンはどちらもキャップレスです。


2分50秒ほどからディスプレイについてです。どちらの機種も非常にクリアで明るく、コントラストも綺麗だとしています。写真や動画、ゲームなどを動かしている映像が収録されていますが、「どちらが良い」というのはやはり好み次第でしょうか。

Xperia Z2はTRILUMINOS Display with X-Reality、GALAXY S5はSuper AMOLEDが採用されています。設定・撮影の問題もあると思いますが、発色はGALAXYのほうが明るく見えます。

4分30秒ほどからはパフォーマンスについて。XperiaZ2では3GBのメモリにアップして、待機中のアプリが多数あっても快適に動作します。どちらも十分にハイスペックなため、解説は簡単に済まされています。

5分20秒ほどからはハードウェアについて。GALAXYS5では指紋認証、生体健康管理が出来るようになりました。XperiaZ2のステレオスピーカー、バッテリー容量などへの解説が続きます。

防水自体は両方の機種に搭載されていますが、GALAXY S5では防水機能があるにもかかわらず、バッテリー交換がユーザーでできる昨今では珍しいタイプとなりました。水をかけるパフォーマンスも撮影されています。


7分20秒ほどからはカメラ機能について。説明を聞いても、GALAXY S5,XperiaZ2でそれぞれ異なるインターウェイスのため、使い勝手は慣れ次第という感じがします。

画素数自体はZ2の圧勝です。20.7Mピクセルで撮影された写真は、とてもスマホカメラで取ったとは思えないほどの鮮明さです。設定次第だと思いますが、比較写真ではGALAXY S5の方が明るい写真が撮れているようです。


残りの時間はオーバービューで、それぞれのインターフェイスや設定画面、アイコンの仕様などについて解説しています。GALAXY S5ではオリジナルの円形のアイコンが特徴的。


価格はXperiaZ2のほうがやや高めなのはアメリカでも同じようです(動画撮影時もまだ発売前です)。両機種ともSIMフリー版が「EXPANSYS(エクスパンシス)icon」で取り扱われていますが、4月24日時点でXperiaZ2 (D6503)が92,450円、GALAXY S5(SM-G900F)が76,598円とされており、1万円以上価格差があります。


両機種ともハイスペックで旧モデルからの乗り換えならば、その進歩の大きさには驚くところがあるかもしれません。総合してどちらがオススメ、とは発売前の状態ではなかなか判りませんが、細かなレビューも投稿者が行っているようなので、気になる点を事前チェックするのに使えそうです。

Android Authority 動画リスト

拍手[1回]

PR

[動画レビュー解説]XperiaZ2新機能 フロントステレオスピーカー

2014年04月17日
前回はXperia Z2のノイズキャンセリング機能について紹介しましたが、Z2では従来のXperiaシリーズにはない「フロントステレオスピーカー」仕様になり、こちらも音楽・サウンド関連の機能性アップがされています。

XperiaZ2では本体の上下(本体を横にした場合は左右)に2つのフロントスピーカーが配置され、より臨場感のあるサウンドが楽しめるとされています。

フロントステレオスピーカーといえば、auからも発売されている HTC Oneが2013年に登場しており、XperiaZ2とHTC One のスピーカー比較をデモ機で行っている動画がYou Tubeにアップされています。



動画は全2分52秒あります。前半はXperiaZ2のスピーカー解説、1分9秒あたりからXperiaZ2のサウンドテストが始まります。

そして1分47秒ほどから同じ音楽をHTC Oneで再生しています。

レビューワーの方はHTC Oneのスピーカーがオープン方式であるため少し鮮明に聴こえるが、他の周囲環境や静かな部屋で聴いてみないことには・・・とコメントしています。

動画でサウンドの質を比べるのは無理があるようです(動画コメント欄もZ2, HTCのどちらが良いかと荒れています)。音質について気になる方は、やはり実機を手にとって比較しないと判断は難しそうです。


日本でも一部輸入ショップですでに香港版などが取り扱われています。国内向けキャリアの端末がお披露目になるにはまだ1ヶ月ほどが掛かると予想していますが、購入を検討する際にはスピーカーがどのように変わったか、というのも店頭で試してみると良さそうです(輸入版のデモ機があるかどうかは判りません)。

ドコモ・auで公式発表されれば、すぐにでもドコモスマートフォンラウンジ・auデザイニングスタジオなどでデモ機が展示され、発売前・購入前に一般者にもトライできる機会が設けられるはずです。

拍手[0回]


ソニー、XperiaZ2のプロモ動画を多数公開

2014年02月26日
動画投稿サイトYou Tubeに、ソニーの公式アカウントより多数のXperia Z2のプロモーションムービーが公開されています。

タイトル:「The best in smartphone technology 」


英語の説明でXperiaZ2の特長スペックを説明しています。内容としては昨日公開されたニュースリリースに書かれていることとほとんど同じです。日本語でおよその内容を見たい方は下記を参照下さい。

参照:ソニーモバイル、Mobile World Congress 2014にてプレスイベントを開催

タイトル:「The best ever smartphone, only from Sony」


こちらは音声解説無し、文字でのPR動画です。

タイトル:「Details Make The Difference」


ダンススタジオを舞台にしたイメージ動画です。XperiaZ2の4K動画撮影でダンスの細かいところまで撮影でき、ダンスのレッスンに生かすことが出来る、というコンセプトのようです。

途中で端末をお風呂の浴槽からざぶっと取り出しています。メインで登場する男性がつけているのは同時発表されたスマートバンドでしょうか。

タイトル:「Lifelog app from Sony - log your day, every day」


こちらは「ライフログ」関連機能を解説した動画です。リストバンド端末「SmartBand SWR10」と一緒に使えるもので、歩数計、音楽再生、写真などの利用記録から健康管理までをアプリで記録できるというものです。

このほかにもいくつか動画が上がっています。

参照:You tube SONY Xperiaチャンネル



Sony XPERIA Z Ultra C6833 LTE版 (Black ブラック 黒) 海外SIMフリー携帯


新品価格
¥58,000から
(2014/2/26 01:43時点)

拍手[1回]


 | HOME |