[PR]小江戸 Xperia A2(SO-04F) XperiaZ2 レビュー・評価ブログ
忍者ブログ

[PR]

2020年04月06日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドコモXperiaA2 SO-O4F発売 定価7万円、実質4万円弱と若干の割高感

2014年06月18日
ドコモは6月19日に2014年夏モデルとしてSONY XperiaA2 SO-04Fの販売を開始すると発表し、販売価格や特定のプランに加入した場合に適用される割引サポートの内容も公式ショップで公開しています。

発売日は事前のショップリーク情報通りの19日、価格も予想範囲内の7万円弱となりました。旧モデルXperia Z1f SO-02Fの発売からちょうど半年でのモデルチェンジとなります。

ドコモオンラインショップでの販売価格は一括支払い時定価は69120円、24回の分割時では月額2880円となります。

指定パケットプラン加入時の月々サポートは新規・機種変更・MNPに関わらず月額1215円となり、24か月での本体実質支払額は39960円となります。

旧モデルXperia Z1f SO-02Fの販売価格は82080円(消費税率8%時点)と高額だったのに対し、1万円ほど値下げされていますが、サポート適用時の実質負担額としては機種変更時とほぼ同程度となり、SO-04Fの新規・MNPでの優遇が廃止されて割高感があります。

大画面・上位モデルであるXperiaZ2 SO-03Fと比較しても新規・機種変更時で6000円ほど安くなっていますが、MNPではSO-03Fは10800円まで負担が減り、SO-04Fの方が3万円も高くなることになります。


XperiaA2では背面パネルの素材変更やスペック・機能は十分に高いものの最新ハイエンドモデルよりもわずかに性能を抑えて価格も下げられる予想がされていました。定価こそ安くなったものの、実質価格は旧機種よりも不利となり、少し残念な設定になりました。


一方で旧機種のSO-02Fは新規契約で実質価格14,688円まで値下げされており、ショップでも安売り情報が目立ちます。安く利用したい場合はSO-02Fの購入を検討することもおすすめです。


拍手[0回]

PR

XperiaA2 SO-04FにXperiaZ1f SO-02Fのケース・アクセサリーは使えるか?

2014年06月12日
6月中旬(おそらく19日)に発売されるXperiaシリーズのコンパクトモデル ドコモ XperiaA2 SO-04Fは2013年冬モデルXperia Z1f SO-02Fのマイナーチェンジモデルとなります。

この2機種はスペック・デザインも非常に似ており、サイズはぱっと見では違いが判らないほどに似ています。そこで気になるのは「SO-02FのアクセサリーがSO-04Fにも使えるのか?」という点です。

結論から言えば、「保護フィルムは使える、ケーブル系も使える、保護ケース・ジャケット・バンパーはケースバイケース」となります。

(注意)すべてのアクセサリー関して、メーカー・製品ごとに微妙なずれがありえるため、ここで「使える」とする場合でも僅かに規格が合わない可能性があることに注意してください。両対応を保障する製品以外で「A2用にZ1fのアクセサリーを買ったが合わないので返品」は認められませんので、十分気をつけて選んでください。


ディスプレイサイズは4.3インチで液晶パネルも同じものが使われています。フロントのデザインも変更されておらずインカメラの位置もほぼ同じため、ディスプレイ用保護フィルムは同じものが使えるでしょう。

充電用ケーブル、マグネットチャージケーブルは同じものが利用できます(SO-04Fは急速充電2には対応していません)。卓上ホルダーはSO-02Fでは「SO19」が純正となっていますが、SO-04Fの純正ホルダーはまだ発表されていませんが、僅かに厚みが異なるため別製品が用意される可能性があります(卓上ホルダーは同梱されます)。

保護ケースやバンパーは製品によって異なります。まず2つの製品サイズは以下の通りです。

・Xperia Z1f SO-02F 縦127 × 横65 × 厚み9.4 mm /重量 140 g
・Xperia A2 SO-04F 縦128 × 横65 × 厚み9.7 mm /重量  138 g

サイズはほとんど同じですが、「全く同じ」ではありません。基本デザインは変わっていないため、ケース類は多少遊びのある構造の製品は使える可能性が高いですが、厚み0.3mmの隙間すら許さないピッタリフィットの製品は試して見ない限り確実とはいえません。

カメラ位置、フラッシュ位置、電源ボタンや各種キー・コネクタ位置もほぼ同じため、ケースを付けたままでも使えるケースでも流用できる可能性はあります。

TPUケースなど素材に伸縮性・柔軟性があるケースなら高確率で使えます。ハードケースやアルミバンパーなど金属素材のケースでは高さ1mm・厚み0.3mmが致命的になることもありえます。特に厚みが増えているので強引に硬いケースをはめ込もうとして本体を傷つけないように十分に注意してください。

SO-02FとSO-04F両方に対応するアクセアリーには対応機種表記が始まっている製品もありますので、細かくチェックしてから購入することをオススメします。

Ref. SONY Xperia™ &スマートフォン

拍手[0回]


ドコモXperiaA2 SO-04Fの発売日は6月19日 販売店が情報掲載

2014年06月09日
ドコモの2014年夏モデルスマートフォンとして発表済みのSONY Xperia A2 SO-04Fの発売日が6月19日になるとの情報がカメラのキタムラのウェブサイトブログ上に掲載されています。

6月9日時点ではまだドコモの公式サイトには発売日は掲載されておらず、6月中旬の発売予定とされています。

6月19日まであと10日ほどありますが、この情報が真実であるかどうかはわかりませんが妥当性のある日程ではあります。


XperiaA2 SO-04Fは2013年冬モデルとして発売されているXperiaZ1f SO-02Fの後継機モデルです。5.2インチのXperiaZ2に対して4.3インチのコンパクトモデルとなり、性能をやや抑えながらも2070万画素のカメラ・2.2GHzクアッドコアCPUなど高い機能性も確保した機種です。

価格はサイト上にもまだ発表されていませんが、一括販売価格は7万円半ば~8万円弱を予想しています(旧モデルSO-02Fより若干安くなる見込みです)。

Refカメラのキタムラ 山形・白山店

拍手[0回]


 | HOME | 次のページ »